震災から3年

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
今日はポチっとおねがいします☆
 

あの日私と娘は仙台のマンションにいた
それまでも結構大きな揺れが
何度もあったから
あの日もまたきたな~
くらいにしか思ってなかった

でも全然違った
いきなり下から突き上げてきた
と思ったら
すごい大きな円を描くような揺れと
下からの突き上げ
全然止まらない

それどころか
もっと大きな揺れが加わって
死ぬかとおもった

揺れが大きくて長くて
何も出来ない
ああいうときは
怖くて足がすくんで
ただただ娘に被さりながら
助けて助けて助けてと祈った

ただ震えてた

でも布団かぶって震えてたら
娘はすやすや寝はじめて(Θ.Θ)
あ、大丈夫なんだ
そう思えた

5か月の小さな娘に
私たすけられました

揺れが収まっても
何も出来ない状態のまま
すぐさま2回目の地震

これは駄目だと思って
おむつとお茶と缶詰
毛布をもって
すぐに娘をおぶって
上からなにも落ちてこないような
広い駐車場に避難した

雪が降ってた
どんどん暗くなってくし
ニュースでは津波とか
亡くなった人の話

最初の死亡報道は
地震がきて
ショックで亡くなったっていうものだった

ショックだよ。。
娘に覆いかぶさったけど
実際どこで
どういう体勢で守ってたかは
よく覚えていない
そこだけの記憶がない
でも

地震が来たとき
死にたくないと思った

この子だけは
というより
この子と生き残りたい
と思った

亡くなったお母さんたちも
そうであったろうと思う
無念であったろう

私は生かされた
本当にこれからだと思う

その時から
私は決めた

必ず想いや気持ちは
言葉にして伝えるって

ありがとう
大好きだよ
ごめんね

そういう言葉を
素直に相手に伝えようと

後悔すらできないなんて
嫌だと思った
今が当たり前じゃない
生かされている今
それだけは絶対
言葉にしようと誓った

今思えば
本当に恵まれてた
主人は
営業で東北6県を毎日
泊まってくることも多かった

あの日は
福島に泊りの予定だった
だから
もうしばらく帰ってこれないと思ってた
それが急にキャンセルになって
電話も通じなかったけど
マンションに
夜帰って来てくれて
3人生きて会えた

それから
震災の前の日
実家から食料品が安かったからと
たくさん野菜や麺類、卵、お茶などが
送られてきた

たまたまね

次の日
電気もガスも水も止まるなんて
思わなかったけど

仙台はパニック
ガソリンも食料品も
どこも開いてなかった
まず目張りして
店の中見れないようにされてた

そんななか
食べるものの心配をせずに
母乳もしっかり出続けていたから
安心できた
本当にありがたかった

それでもお金も食料も
物も力も尽きていって
私は
ネットにSOS信号を送った

mixiを通して
友人知人からの
支援物資がとどいた

Twitterでは
私たちのヘルプに応えて
ポットを譲ってくれたり
ここにいけば
水がもらえるとか
何が買えるとか教えてもらったり
友人や会社の同僚や上司が
ガスが1か月止まってると聞いて
わざわざ連絡をくれて
うちの実家の風呂に入れとか
手を差し伸べてくれた

本当に本当に
嬉しかった
有難かった

何もかも
皆さんのおかげで
私たちは生かされてきました

1912663586_204

新しい命も授かって
今は実家に大切な家族が
集まってます
この上ないことです

震災から学んだことはたくさんあります
沿岸部の方に比べたら
私の経験なんて
本当に
痛くもかゆくもない
何かを失ったわけでもない

でも
受けた恩は忘れないし
魂に刻んだ誓いもある

やってもらったことを
次は私がお返しする番ですね

お返しする形は
色々あると思いますが
ここでは
このブログを見てくださった方に
私が頑張る姿を見ていただくことで
何か一つでも
少しでも
背中を押してあげられるように
精一杯がんばっていきます

自分の手で
しっかりお金を稼いで
家族を支えられるように

私の小さな夢は
家族と一緒に
函館に旅行に行くこと
私が稼いだお金で
家族の思い出の地に
連れていきたいと思います

がんばります☆
長文読んでくださってありがとうございます
これからも
応援よろしくお願いします!

image

 

にほんブログ村 パチンコブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 パチンコブログ 女性パチンカーへ
にほんブログ村