第⑥弾 のりまるコンサルを受けてきました

にほんブログ村 パチンコブログへ
にほんブログ村

こんばんは(/・ω・)/
どうもすぎむーです

今日はみんな大好きのりまるさんの
のりまるコンサル記事第6弾です

主婦の方や女性の方は
海物語のハネデジ(甘デジ)をメインに
打っていらっしゃる方も多いのではないでしょうか?

最近では電チュウ賞球が2こ戻しの機種が増え
時短中に打ちっぱなしにしていると
どんどん上皿が壊滅してしまいますね。。

獲得した大当たり出玉を
少しでも多く残すということをしっかりやっていきましょう
玉を減らさないことが勝ちに直結します
自分の残した玉イコール
勝ち分
ということになります

今日のコンサルレポートでは
沖海3の時短中の打ちかたについて書いています
のりまるさんのブログ内の動画
この様子は収められていますのでそちらも
ぜひご覧になってみてください
それではいってみましょう~( ^^) _旦~~

 

 

 

 

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

ハネデジ沖海3を打つ

その時自分が一番困っていたのが
ハネデジ沖海3の時短中の打ち方だ。
これをモノにして帰る!

のりまるさんに選んでいただいた台で一緒に並んで打ち始める
すると運よく500円投資で初当たりが来た。
天井を狙ってアタッカーにオーバー入賞させ大当たりを消化
時短に入る。

※3発打ちだとスルーが枯れてしまい、効率が悪い
ぎりぎり5発、一回の解放で入るが4発打ちで十分
※4発打ちは通常時にいくらでも練習できるので
その時に体感で覚えてしまうこと。

教わった時短中の打ち方は2通り。

★4発打ちの手順

➀ 時短に入ったらまずはスルーを貯めるために2解放くらいまで打ちっぱなしにする。
➁電チュウが開くちょっと前に打ち始め、4発で止める。
→電チュウが開くちょっと前に打ち始める、の繰り返し。
➂これをずっと繰り返して行い、大当たりがくるか
時短が終わって電チュウの解放が止まるまで続ける。

★5発打ち(止め打ちしないで打ちっぱなし)の打ち方
➀ と➂は同上
➁電チュウが開くちょっと前に強めに2発打ち、次に弱めに3発打つ。

※5発打ちの方は、親指を
ストッパー代わりにして決まった位置で打てるようにする。
打ちっぱなしでOK
両方の打ち方で一発目が電チュウの解放の
タイミングとぴったり合って入るようにする

電チュウが開くちょっと前
のタイミングだけずれないように気を付ける。

メモをとるタイミング
最後の電チュウ解放が終わり、アタッカーが開くまでの間に行うか
大当たりの最後のラウンドが終わって時短が始まるまでの間に行うと良い。

<すぎむーの感想>
通常時に4発打ちの感覚を身につけてしまえば体が覚えるので、
思ったより簡単に出来た。電チュウ解放のちょっと前
というタイミングさえズレなければ玉も増やせる

(教えていただく前までは、上皿の玉が減っていた。)

実際パチンコの教科書内の動画で
止め打ちや捻り打ちに関しても教えていただいたし、
沖海2も銭形もホールでも練習して
まあまあ出来るようにはなった。
だが出たばかりの沖海3や、今の主流である
電チュウ2発戻しの機械については、
教科書のコンテンツには無い。
自分なりにやるしかなかったが
今回直接レクチャーしていただいたことで
あっという間に出来るようになった。
ありがたや・・・。

のりまるさんのブログでも、
止め打ちなどについては動画で載せていただているが
見たイメージと実際やるのは違うものだ。
すぐ隣でハンドルを一緒に握りながら
電チュウの動き、玉の動き、ハンドルの動きを確認しながら
打たせてもらえたので、感覚も体感も一挙に得ることが出来た。

地元に帰っても
この感覚を忘れずに打っていけるようにする
勿論スルーや電チュウ周りをよく見て
台選びをするということが一番大事。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

いかがでしたか?

大当たり中もアタッカーが閉じている間や、
通常時もリーチ中や、保留が3点灯したら
ストップボタンを押して
無駄玉をなくすということは勝つ上で
とても大事なことですね\(^^)/

レポートだけでは分かりにくいので
のりまるさんのブログの
コンサル動画をぜひご覧になってみてください

コンサルレポートも残り
1回です
いつも読んでいただいてありがとうございます

このシリーズが終わったら
初心者の方や主婦の方にもよくわかる
パチンコで勝つために、という記事を書いていきたいと思っています
それではまた~(∩´∀`)∩